untitled_11/22/2018

  •  
  •   
  •   Category:

就職活動アドバイス会の2回目。こういう積み重ねが大事に違いない。あとは上下のつながりとか。。。

untitled_11/21/2018

  •  
  •   
  •   Category:

市博で来年開催される特別展に関するポスターのデザイン提案と、提示案をもとにした意見交換などなど。方向性は見えたかな。猫、猫、猫。

4年生それぞれと、1ヶ月後の年内締め切りに向けた進捗確認の面談。そろそろ本気になってほしい...というか、泊まり込む勢いで取り組んでほしい。もしくは静かなるテンションアップみたいな。

untitled_11/20/2018

  •  
  •   
  •   Category:

Photoshop CC2019の切り抜きツール・拡大縮小ツールの比率固定キーコンビネーションの改悪は、本当によくない。心からよくない。頭がおかしいと思う。

untitled_11/19/2018

  •  
  •   
  •   Category:

KRAFTWERKの来日公演だそうな。行きたいけど、平日のそのタイミングは難しいなあ。

略歴書とか内申書とかもWebclassにしてもらうといいなあ。いつになってもワード書類と気安い関係になれない僕。

とある会議でご一緒しているT先生、毎回データを元にしたするどいご意見でステキだなと思います。なんかもっとお話ししてみたい。

その会議が終わった後に、自室に戻って仕事の続きなどなど。

その仕事をしながらamazon musicで80年代歌謡曲100曲を流していたのですけど、テレビの歌謡番組の記憶じゃなくてきちんとした音源(ストリーミングですが)で聴くと、どの曲もかっちょいいな。もんたの声がかっちょいい!みたいな。そんでその100曲...の最後の方に「だいすき」が。。。80年代なのか。。。

untitled_11/18/2018

  •  
  •   
  •   Category:

午後から大学の自室で仕事など。もくもくと...という感じでもないけれど、形になってきたので良しとする、みたいな。秀英にじみ丸ゴシックなかなかいいな。

untitled_11/17/2018

  •  
  •   
  •   Category:

大学で仕事をするつもりだったけど、結局1日休養。ダメだな。

untitled_11/16/2018

  •  
  •   
  •   Category:

TICクラブ展の企画ミーティング@一番町ロビー。おおよそ内容が固まってきて楽しみではあるのですけど、いろいろ勘案してみると会場のサイズがちと小さいかも。僕自身は小品展(1号とか2号とか)でもいいと思うんだけど、みなさんはそうでもないみたい。まあなんにしても人数割なんで、最終的にはどうなるかしらん。

毎年研究室の3年生が関わっている公立学校教員募集パンフの印刷入稿データを送付。学生のデザインを最終的には僕の方でまとめなければならないので、大変といえば大変...ではありますが、学外連携の事例としては割とアリなんじゃないかなと思っています。2009年から関わっているので、今回で10回目なんだけど、次年度のカリキュラムが不透明な部分が多いので、これで終了かもしれません。。。

グレートウォールを観る。細かいことはいいんだよ...ですな。途中からは壁も無意味だし。ウィレム・デフォーとかアンディ・ラウとか、必要だったんだろうか。。。

untitled_11/15/2018

  •  
  •   
  •   Category:

議題をたくさん用意しても、結果的にちっとも進まないのは、僕の仕切りの問題も大きいのは事実だな。だけど、意見は広く聞くべきだし、そこから合意が生まれるはずだし...だよね。議題的には、今頃それ?みたいな部分もないことはないのですけども。

昨年度はやりたくてもできなかった、内定した4年生から3年生に向けての就活アドバイス会その1。短い時間でしたけど、なかなかよい機会だったのでは、と思いたい。

夜は自分の仕事など。

untitled_11/14/2018

  •  
  •   
  •   Category:

学科の長い歴史でも初めてのチャレンジである3DCGを用いたイラストレーション課題(イラストレーションを対象にした実習課題そのものが初めてだと思う...)に、このセメスター(正確にはクオーターか)で初めて取り組んでみたわけですが、とうとう本日フィナーレであります。
マグリットのゴルコンダか、ホッパーのナイトホークスのどちらかを選択して、3DCGで独自に再構築する...というテーマなんですけど、うまく咀嚼できた場合とできなかった場合に分かれてしまったような感じ。技術的に描ける(制作できる)ようになることと、テーマ性を掘り下げて定着させることを、同時に進めるのはなかなか難しい部分もあったとは思うけど、上位10%くらいの諸君はぜひ3DCGを用いたイラストレーション制作を継続してほしいなと思います。

untitled_11/13/2018

  •  
  •   
  •   Category:

木工場に新導入したCNCフライス盤を、技師のSさんからちらっと説明してもらって、キャトルからみで使ってみたい気持ちに。。。アナログ時計をセットするマウントとかとか。

ちょっと余裕がなくなってきたな。週末までが勝負だな...気持ち的に。

untitled_11/12/2018

  •  
  •   
  •   Category:

イラストレーション課題の提出前の最終日。大判プリント→ハレパネベース→木製パネルベース→サイド黒テープ仕上げを一通りさせてみて、やっぱり紙を切る・貼るなどの基本作業は、重要だなと再認識した次第。もし今後カリキュラムとして入れるとしたら表現技術IIだろうなあ。

TIC関連のペンディングのままな事案がちょこちょこあって、少し焦ってきたかも。

untitled_11/11/2018

  •  
  •   
  •   Category:

風邪気味だったのがだいぶ良くなってきたので、外食など。たまにはよいですね。

ブラッディ・ホワイト 白の襲撃者たちを観る。せっかく頑張って作っているのに、ストーリー展開と編集がよくないのであまりに残念な感じ。幽霊だから意味不明の行動をしてもいいじゃんって言われてたらそれまでなんだけども。。。共犯者を告白させるくだりも、ぜんぜん盛り上がらないしなあ。影のイメージがアランウェイクっぽくてよかったんだけども。

20181111_Chittora.jpg

untitled_11/10/2018

  •  
  •   
  •   Category:

老いることは素敵なことなのかもしれないけど、現実問題として体力や気力がだだ下がりなので、表面上だけでも取り繕って生きていきたい...みたいな。そんなこんなな48がスタートする夜であります。

untitled_11/09/2018

  •  
  •   
  •   Category:

変なタイミングで宴席にまざってしまって、なんだか微妙なポジションってありますよね。お呼びでない感じというか。

スタイルだけをコピーしても、しょうがないなあと思うけど、じゃあどうすんのと言われたらどうしようもないな。敗北とまでは思いたくないけど、まあそれに近いよね。ここからホームランはあるのかな。。。

untitled_11/08/2018

  •  
  •   
  •   Category:

意識して自分の時間を作らなくてはダメだな。とは言っても空き時間を見つけて、切れ目なく切り替えていくのは、やっぱり無理な感じ。担当コマの関係上、後期の後半はなんとかなるかもしれない。

ゆうてもそのことを言い訳にしているような感じもするので、それはそれで嫌な感じ。

なんかもっと良い関係みたいなのがあると思うんだけど、なかなか上手くいかないのが実情なのであります。なんていうか、disappointmentな気持ちには、なってほしくないんだよね。ただそれだけ。

untitled_11/07/2018

  •  
  •   
  •   Category:

誘ってもらうなら、きちんと誘って欲しいぞ。

のど飴なめまくりんぐ。

いろいろ悩んだけど、思ったことをそのまま書く(コメントする)スタイル。

untitled_11/06/2018

  •  
  •   
  •   Category:

隣の部屋のA先生と一緒に考えているカラー計画、どれに決まっても映えそうな感じ。個人的にはDIC 208か、DIC 632推し。

読んでいて楽しくない文章ってのは、まあ下手ってことなんだろうな。

去年卒業した研究室の室長から、ちょっとしたお便り(仕事の成果物)をもらう。やりがいを持って働いているようで何よりだなあと思います。

untitled_11/05/2018

  •  
  •   
  •   Category:

卒業生が開いた古着屋、ぼちぼち売れているそうなので一安心。

後入りの会議は、あんまりシンクロできないのは事実。もとからシンクロ率低いのもあって...すいません。

untitled_11/04/2018

  •  
  •   
  •   Category:

いろいろ行きたいイベントがあったけど、体調不良のため一日休養。

untitled_11/03/2018

  •  
  •   
  •   Category:

ドニー・ダーコを観る。自分が生き残ることで発生する全ての良くないことを背負って、笑いながら飛行機のエンジンに潰されることを選んだ...という解釈でよいのだろうか。最後に関係者がうっすらと記憶を残していたような感じなので、救いがあるな。もう一周すると、さらに理解できるのかなあ。Cellar Doorとは?