untitled_07/28/2018

  •  
  •   
  •   Category:

ゲット・アウトを観る。事前情報なしに観たわけですが、実に楽しかった。中盤まで、全体に漂う違和感がすごくよい。結局あそこにいた全員が、心から黒人の肉体(というか遺伝子)萌えしていたっていうのも、面白い。オチもバッドエンドよりは、こちらのほうがいいなと思います。使用人(実は祖母)の怪演もすご怖い。。。

untitled_07/27/2018

  •  
  •   
  •   Category:

なんだか申し訳ないけれど、(僕自身のQOLの為だけになっちゃいますが)リプレイスすることとします。問題が出た場合は、都度対処する以外にないかな。

2年後に向けたとあるお役目を仰せつかったわけですが、現実的な着地点を考えていきたいなと思いますです。広報はすごく大事ではあるけれど、伝えたいイメージは大仰なニュアンスではなくて、どっしりとした感じなんだろうな...と。

コンペ的な案件でもないと思うんですよね。1週間とか2週間とかで持ってこられても、それって表面的でしかないわけで。

表現としてはコンサバな感じで、出稿を増やす作戦がいいんじゃないかな。。。

untitled_07/26/2018

  •  
  •   
  •   Category:

今日も今日とて、1日慌ただしい。大学って、もっとゆったり考える場所じゃないのだろうか。それともやはり僕自身の問題なのだろうか。

8月になったら、クラブ展委員会を招集しなければ。。。WEBのリニューアルもしたいし。できるかな。

年明けのイベントに関する仕事の打診などなど。ちょっと楽しみ。

untitled_07/25/2018

  •  
  •   
  •   Category:

たぶんだけど、みなさんそれぞれにお忙しくて締め切りが延びたのかなあと推察してみたり。僕としても非常にありがたい決定であります。

4年生の前期発表会。3年生がほとんど参加しなかったのはちと問題かなと思います。ストレートに言うと、ちょっと寂しい感じ。

やっぱり上下の繋がりをつくることを、諦めてはだめだな。できる範囲でなんとかしたい。

untitled_07/24/2018

  •  
  •   
  •   Category:

今日も今日とて、朝から一日中慌ただしい。なにかが間違っているのかも。

自分自身の問題として、対象への向き合い方が、どう考えても足らない。こんな萎れた気持ちではよくないな。しかし発表はするよん。

untitled_07/23/2018

  •  
  •   
  •   Category:

またまたネット環境の問題で授業が頓挫...、ムリヤリなんとかしたけども、ちょっとよくない展開だなあ。事前にテストしてもこれだもんな。。。

手早く終わらせようとする意思だけが、会議を手早く終わらせる。ただし、あまりに削ぎ落とすと、集まらなくて良いのかも?になっちゃうような感じもするし、もしかすると集まらなくと良いのかも。

むむむ......ちとこれは......個人情報ダダ漏れでは......ないだろうか......まずいな......なぜこんなことに......。

untitled_07/22/2018

  •  
  •   
  •   Category:

近年の私大では非常に重要なイベント、今のフォーマットになって3年目だと思うんですけど、なんていうか年を追うごとに関係者の練度が上がっていますよね。撤収もあっという間に終わってしまって、ちょっと驚愕な感じ。

次年度に向けては、とある決定をした方々にキチンとした方向性の提示をしてもらう必要があるなあと思っとります。

untitled_07/21/2018

  •  
  •   
  •   Category:

猛暑?酷暑?もっといい言葉があるのだろうか?...のなかでのイベント開催は、来場者も我々もなかなかのハードぶりでございます。。体力的に翌週に響くこと必至だな。

イベントの空き時間に、とある選択課題について学生と話をしてみて、まあそうだよねと思わないでもないというか。なにを並行させるかは、これからも考えていかなければならないポイントだろうな。

個人的な制作が進まず、今日も夜中まで自室で作業。むむむ。。

こちらのツイート、まさにその通りだと思います。分野の問題ではなくて、行動の問題なんだな。

untitled_07/20/2018

  •  
  •   
  •   Category:

心を病んでしまうって、大変なことだな。特定の部署に集中するとすれば、何か原因があるのだろうけど。忙しい日々の中で、ちょっとしたことで誰でもメンタルは傾いてくから、他人事ではないですな。

どんなに年齢を重ねても、やっぱり人は褒めてほしい(認めてほしい)んだよね。ここ10年で気づいたことなんだけど。そのためにも「あなたのことは認めていますよ」というシグナルは、出し続ける必要があるんだと思います。。。しかし、根本的にフィーリングが合わない場合もあるからなあ。

朝から一日中慌ただしくて、例によって疲れきる。明日からのイベントは何事もなければよいな。

untitled_07/19/2018

  •  
  •   
  •   Category:

後期以降のカリキュラムについて、2年生からもっともな意見を頂戴してみたり。本当にその通りだと思います。

夜、作業をしていたら、心労?のせいか暑さのせいか、強めの目眩が...。少し目を閉じていたら持ち直したけど、きっと人生の退場はこんなシーンから始まるのかもしれない。

untitled_07/18/2018

  •  
  •   
  •   Category:

夕方から研究室3年生9名を連れて、地元の老舗百貨店へ。創業200周年に向けたキャラクター開発に協力するので、そのキックオフミーティング。企業の沿革やプロジェクト全体のオリエンのあと、短い時間でしたが先方のメンバーと学生がディスカッションを行いました。僕もキャラクターの概念について、ちらっとお話しなどをしてきました。正味2ヶ月ちょっとというスケジュールですが、ワンダフルな展開になればよいなと思っています。

その帰りに花壇あたりで、スバル360がキビキビ走っているのを目撃...なかなかかっちょいいですな。

20180718_fujisaki_meeting.jpg

untitled_07/17/2018

  •  
  •   
  •   Category:

あんまり暑いのでロールアップしてみた。ちょっと気恥ずかしいけども。

PD実習室の入り口で瀕死になっていたコガネムシを助けた僕に、きっと何かいいことがあるに違いない。

授業を受ける態度が悪いからといって、そのまま成績には直結しないけど、結果的にアウトプットは良くないことが多いのは事実ですよね。

前向きとは状況を打破する心持ちであると言えるし、後ろ向きとは大事なものを守りきる心持ちであると言える。特に意味はなし。

untitled_07/16/2018

  •  
  •   
  •   Category:

今日は少し涼しい。

prime dayってことで、ずっと前からカートに入っているアイテムをアマポチしてしまいました。。。

untitled_07/15/2018

  •  
  •   
  •   Category:

こういう暑さが年中続くようになると、キャトルのみでは厳しいのかもしれないな。むむむ。

イット・フォローズを観る。一般的な怖さではなくて、不思議・不条理な感じ。ベースになるメッセージについて考えてみると、性感染症への啓蒙なのか、死がゆっくりと迫ることなのか、交わることへの強迫観念なのか、なんだろう。それとも単に悪夢のなかではどうしようもないってことなのかな。どうも寝ている間は襲われないようだから、きっと起きている=悪夢を見てるってことなんだろうなとは思うけど。だんだんと対処法が見えてきたあたりで、きちんと(バトル的な意味で)盛り上げて欲しかったけど、そういう映画ではないんだろうな。全体として絵作りがステキ。

untitled_07/14/2018

  •  
  •   
  •   Category:

自宅マンションの総会。いろいろと対応してもらっている修繕計画、感謝しかありません。もっと真剣に話を聞くべきだったのに、進行のタイミングが???な感じになってしまって、ちょっと残念。。。

トイレを新調することにしたので久しぶりにホムセンへ。本当にここ最近、長く使っていたアイテムが壊れることが多くて、なんだかな。。。

怪物はささやくを観る。ストーリーは淡々と進むけど、丁寧な撮影・編集が実にいいな。主人公の演技も素晴らしい。3つのストーリーは、主人公が幼少期から母親に聞かされていたってことでいいのかな。リーアムニーソンが祖父だったことをチラッと示唆するのもよい。苦悩を終わらせたかったという(主人公が語る)最後のストーリーも理解できる。これは原作をゲットしなくては。

untitled_07/13/2018

  •  
  •   
  •   Category:

午前中、キャトルの左ランプ交換でオートフランスさんへ。ほかにもいろいろチェックしてほしい部分はあったのですけど、午後から予定が立て込んでいたので早々に帰宅→職場へ。

午後から4年生の前期発表へ向けた状況チェック。結果をみてヒドイならヒドイとしなければならないな、当然だけど。ただし前期は、調査内容とかテーマの妥当性とか今後の計画とか、そういう部分が大きいのも事実ではある。発表では、その辺をキチンと提示してほしい。

なんていうかいろんな部分で、細かいルールブックが必要なのかもしれないなあ。無駄なコストなのかもしれないけど。

夕方から、地元の百貨店さんと共同プロジェクトのキックオフに向けたミーティング。先方のミッションをクリアした上で、3年生のよい学びになればよいなと思います。

20180713_01.jpg
20180713_02.jpg

untitled_07/12/2018

  •  
  •   
  •   Category:

TICに新メンバーが増えることになり、来週にはMLに情報を流せるかなと思います。なりふり構わずではなくて、きちんとした拡大方向なので、よきかなよきかな。

F先生との雑談の中で、ある程度同じ方向を向いていることが確認できるってのは、よいことですな。ただ、たまにしか(きちんと)話す機会がないので、長話になってしまうのが問題点かも。反省。。。

untitled_07/11/2018

  •  
  •   
  •   Category:

キラキラしているのを観ることが、自分にとって目の毒だなと思うようになったら終わりなのかもしれないな。今の自分の状況に納得していることは事実なんだけど、考え込んでしまうことも事実だなあ...なんて独白。日々勉強できる人間になりたい。

夕方からの会議で、新しい入試制度のことをレクチャーしてもらって、そういうことだったのね...なるほど...といった感じ。状況をしっかり把握している部署から教えてもらえるのはありがたひのであります。

大学全体の広報は、変にバタバタしない方向性が重要だと思うなあ。キャンペーン的に特殊なことをしても、あまり良い結果は出ないと思う。ってなことをここ数年で強く感じてみたり。そんなことよりも「質」を上げて「継続」することが大事なんじゃないかな。

untitled_07/10/2018

  •  
  •   
  •   Category:

何かを教えるってなんだろう。何かを教わるってなんだろう。精神論だけではうまくいかないよね。

それにしてもメールのシステムがアップデートされてら【開封注意】のメールばかりが届くなあ。なんでですかね。

15年近く(20年まではいかないと思う)続いた、とあるグループ課題の大円団。今年度が最終回と思うと、なんだか感慨深い。担務分担の都合上、今回はあんまり積極的に関われなかったけども、もう少し盛り上げてあげればよかった。逆に言うと、前年まではある種の過保護さの中で進んでいたことになるなのかな。。。なんにしても総合的にいろいろな分野を実体験できるよい課題であったことは事実だけど、今の学生諸君にはマッチしないのかもしれない。

untitled_07/09/2018

  •  
  •   
  •   Category:

(2コマ目の補習を含めれば)午前中から夕方遅くまで、ずーっと授業で、夕方あたりから頭痛がしてきた。頭痛というか意識が遠のく感じ?みたいな。いくらなんでも、ちょっとよくない状況なのでは...。

夜にNB社のみなさんと打ち合わせというか雑談というか。お土産までいただいて恐縮であります。研究室OBのYくんとも久しぶりに話せてよかったなと。8月初旬に懇親会の約束をしたので、それを楽しみに今月を乗り切りたい。