untitled_04/09/2017

untitled_04/08/2017
untitled_04/10/2017

荘厳さや孤高、あるいは情熱やフォーヴな印象について、整理と解体をくりかえしつつ、いつのまにか夜中...みたいな。きっと幸せなことなんだろうな。

Post a Comment