untitled_12/30/2018

  •  
  •   
  •   Category:

インディー・ロック師弟対談:TEENAGE FANCLUBとDEATH CAB FOR CUTIEからの良い言葉。

というか、42歳の僕は、理解しなくていいんです。僕にとってそれは、時間が前に進んでるっていることを示す、ポジティブな指標です。若者は、彼らだけの音楽をもっているほうがいいんですから。

だけど、自分を持っている人だけが言える言葉だろうな。

レッド・スパローを観る。バレリーナ、マッチョすぎ。生き残るためとはいえ、叔父さんにそこまで問題があったのかは疑問だな。あと、みんなロシア訛りの英語を話しているのが変な感じ。

コメントする