untitled_12/31/2018

  •  
  •   
  •   Category:

食材などを買い出しにスーパーへ。思ったよりは混んでなかったけど、大量の年末年始商品を捌くべく、店員さんたちが(なんとなく)部活ノリな雰囲気で働いているのが、清々しい感じ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  • 今年はこの日記を半年ぶりくらいに再開して、途中休みもあったけど、なるべく記録として残すことができたので、まあよかったかな。なんでもいいので、文字にするのが大事なんだよね、きっと。

  • 2017年度の後半くらいからいろいろ思うこともあり、実現可能性も含めてふわーっと考えてきたような2018年だったけど、明確な答えは出なかったとはいえ、気持ちはそちらに傾いているのも事実だな。

  • それにしてもこの一年で、近くのモノにピントが合わなくなってしまった。カッターを使う時とか、本当に困る。。

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    今年最後の映画鑑賞で、リメンバー・ミーを観る。ずっと観ようと思っていたんだけど、中途半端なタイミングで見ちゃうのは嫌だなあと思って、年末まで待ってたんだよね。期待値が高すぎたせいか、そうだよね...といった感じではあるのですけど、いい映画。ヘクターがギターを弾いた時点(もっと言えばゲートから登場した時点)で、ストーリー的に彼がひいひいおじいさんである以外にないんだけど、どっからそういう展開になるのかなと思ってたら、デラクルスが殺人までやらかしていたとは。。ラストシーンで、早くリメンバーミーを弾きなさい!と素で思ってしまいました。

    ブック・オブ・ライフ 〜マノロの数奇な冒険〜を観たときも思ったけど、これ系の死生観はすごく納得できるな。誰かが覚えているうちは存在している...ってのは、死者の国にいるっていうのもあるけど、自分の心の中にいるんだよね。

    コメントする