untitled_08/20/2017

  •  
  •   
  •   Category:

話題のVALUというサービスに登録してみた。審査に通るかな??

メガテンのオーケストラコンサートがあるそうな。これは行きたい。

クリミナル 2人の記憶を持つ男を観る。今流行りの記憶移し替え系。ボーン・アイデンティティー方面に行くかと思えばそうでもなく、ゲーリーオールドマンは騒いでばかりだし、なんで一番重要な自宅+家族をフリーにしてしまうのかも意味不明だけども、前半はなかなかのサスペンスぶりだったかも。オチそれでいいのか?というのはあるけども。

主役級がたくさん出ている映画は、観ている方がなんだかハラハラしてしまいますよね。

untitled_08/19/2017

  •  
  •   
  •   Category:

午前中のTICミーティングの後、大学でチラッと用事を済まし、夜はこれまたTICの懇親会など。いろんな話題やちょっとしたディスカッションなど、集まったメンバーは少ないながらも、人数的にちょうどいい感じかも。

めずらしく地下鉄で帰ったのですけど、混んでいる車内を見上げたら、ルオー展の僕が関わっていない中吊りが。。。どこかで元データを再構成したと思うんですけど(もとの意図は汲んでいるような構成とは言え)、白抜きのマド(それだけは避けて欲しかった)とか、特別展の枠色の使い方(なぜそこを赤っぽい色にする?)とか、正直ちょっとヒドイな。忘れてしまいたい。

untitled_08/18/2017

  •  
  •   
  •   Category:

アボカドが250円とかだと、ちょっと悩んでしまいますよね。。メキシコの過剰な栽培とかのニュースをみると、いろいろ考えてしまいますけども。

吸血鬼的な人外になる夢をみた。ものすごい襟高なコートをまとって、古城で催されている人外の集会に参加しているのですけど、なぜか僕は中途半端な状態らしく、全員から追い立てられ(逃げながら大立ち回りをしたあげく)、僕が助けなければならない人間の女性を目の前に、人外の頭目から逃げられずに、古風な感じの「天秤ばかり」に変えられてしまったというストーリー。そして天秤ばかりになっても、はかりの目盛りを針を必死に動かしながら、何かを伝えているうちに目が覚めてしまった。天秤ばかりと化した僕は、はかりの目盛りを動かすことで何を伝えたかったのだろうか。

それにしても今週は、本当になにもしなかった。ほとんど家で寝ていた。それもよきかな。

モーガン プロトタイプ L-9を観る。最後の最後まで気づかなかった。ある意味得したと言えるだろう!!湖はなかったとか、そん感じの違うオチを考えていたんだよね。そんでもチューリング・テスト的なことをしにきた博士は、全てを理解しているはずなのに、無防備すぎると思うよ。目からビームどころの話じゃないでしょうよ。

エンドロールでながれたPOLIÇAがすごく良かったので、あとでちょっと追いかけてみよう。

untitled_08/17/2017

  •  
  •   
  •   Category:

夕食は久しぶりに長町の南國堂で!と思ったら駐車場がいっぱいで駐車できず、それならばと南仙台のでん田に行ったらお休みで、夕食難民な僕ら。けっきょくびっくりドンキ-というオチ。

untitled_08/16/2017

  •  
  •   
  •   Category:

ヒナ氏と飲みに行くタイミングで、ちょうどよく研究室のOG諸君ともタイミングがあったので、合同で暑気払いなど。久しぶりに卒業生と話をするのはいいですね。みんな大人になっている。

その後、ヒナ氏と文横に移動して、あくび→Smokeへ。最後、普段あんまり飲まないテキーラを何杯かいただきましたけど、ライム+塩で夏っぽい感じかも。

untitled_08/15/2017

  •  
  •   
  •   Category:

ダンジョン飯の5巻を読む。おまけの「著者は実食していないんじゃないか」のくだりが面白かった。絵がどんどんこなれていっている感じがしてよいですな。

untitled_08/14/2017

  •  
  •   
  •   Category:

今日も一日自宅で休養。ほとんど寝ていた。

よその家でも持っているアイテムを、うちの家でも欲しいんよ...って渇望して、実際に行動してしまうことに、なんとなくシンパシーを感じないでもない今日この頃。その行為がなんで悪いのか?に、明確な答えがあるのだろうか。

なんとニューロマンサーが映画化するかも(今度は本当?)...なんだそうな。「千葉シティ」も「さらりまん」も今となっては微妙なワードだけれども、モリィは見てみたい。

セルフレス/覚醒した記憶を観る。ストーリーとしては残念ながら凡庸で、SF的にも萌える展開はなく、オチもそうだよね...といった感じで、ちと残念。若返っていた科学者がウォッチメンのオジマンディアスだとは気づかなかった。

untitled_08/12/2017

  •  
  •   
  •   Category:

宮城県美術館で開催の「ルオーのまなざし 表現への情熱」は今日からスタート。サーカスやキリストをモチーフした作品がとてもステキですので、ぜひぜひどうぞ!早朝の開会式から参加して、展示そのものを堪能したのはもちろん、ルオーのお孫さんの講演会や常設展のギャラリートークなどなど、こんなに長時間美術館にいたのは初めてかも。

今回の広報物・サイン類のデザインは、ルオーが持つ宗教的なイメージよりも、明るさやポップさを強く押し出したテイストにしています。今までのルオーファン以外の方々にも来場してもらえれば嬉しいと思っていますですよ。印刷的には背景に敷いているイエローの特色(DIC125)を、作品図版の文字レイアウト部分にも違和感なく薄く乗せていることが特徴です。色校正の段階で、いろいろと調整してもらいました。実物を見る機会があれば、ちらっと確認してみてください。

夕方から大学に戻って、昨日買ったニスをつかって仕上げなど。お盆明けにさらに重ねて塗ってみる予定。

ルオーのまなざし 表現への情熱: FLYER
ルオーのまなざし 表現への情熱: 階段前サイン
ルオーのまなざし 表現への情熱: 外看板

untitled_08/11/2017

  •  
  •   
  •   Category:

アクリルのニスなどなどを買いに青葉画荘まで。腕利きの店員として勤務している卒業生のKくんに頼んだら、あっという間に買い物が終わってしまった。久しぶりに店舗に行ったので、もう少し店内を散策すればよかったような気持ち。

本屋の立ち読みで、TIPOを久々に読んでみたら、縦組みの本文がえらい読みづらい感じだったけど、まえからあんな感じだったかなあ。

デスク周りの封筒やちょっとした書類の一時保管に、良さげなレターラックがないかなあと思ってたまに探すんですけど、なかなか見つからないんですよね。そんな感じでネット上をウロウロしていたら、トーストラックで代用するのはどうでしょう!...ということにたどり着いてみたり。そこから派生して水切り用のディッシュスタンドでは?...ということで、アマポチしてみる予定。