untitled_06/15/2019

  •  
  •   
  •   Category:

オートフランスさんへ行こうと思ったらまさかのバッテリー切れ...。またJAFにお世話になってしまいました。前のキャトルから引き継いだバッテリー(すでに5年物)なので、しょうがないというか、ノーチェックな僕というか。出勤日じゃなくて良かった。。。来月車検なので、そのタイミングでいろいろ交換してもらわなければ。

なんとかたどり着いたオートフランスさんで応急処置してもらってる間に、テーブルに置いてあった面白い小冊子(On Réclame La Pub!......2005年発行のルノーの歴代広告を集めた小冊子)をパラパラと。資料のうち何枚かはALBUM RENAULT 4にも載っている図版だったり。

20190615_renault_book01.jpg
20190615_renault_book02.jpg
20190615_renault_book03.jpg
20190615_renault_book04.jpg
20190615_renault_book05.jpg

untitled_06/14/2019

  •  
  •   
  •   Category:

チョコミント蒸しケーキはナシだね、僕的には。

アニー・イン・ザ・ターミナルを観る。久しぶりにマイク・マイヤーズを見たけど、久しぶりな映画にしてはもったいない映画だなあ。双子の必然性もないし、変装の意味もないし、だけど全体の雰囲気はよいので、むむむ...みたいな。サイモンペッグも上手いし、マーゴットロビーの切れ芸的なのも芸達者だし、なのに......みたいな。

untitled_06/13/2019

  •  
  •   
  •   Category:

通勤途中に、新卒で入った会社の同期だったTさんと偶然並走。久しぶりに会った(といっても車の窓越しだけど)けど、彼女のお母さんにだんだとソックリな感じなってきていますなあ。なんとなく当時の若かりしころを思い出しながら、八木山の坂をのぼった午前中であります。

2年ゼミでキャリア関連のディスカッション。人はなんのために働くのか...の答えは、学年ごとに変わっていくけど、今のところ初々しい感じですな。

う〜ん、なんかグダグダだったんだろうなと想像できる話...というか振り返り...というか要約を聞いて、(きちんとした依頼をしていないのであれば)然もありなんといった感じ。しかしそれも逆にリアルでいいのかも。そんで、フォローの様子も目に浮かぶし、それが的確だったのも目に浮かぶし、みたいな。

untitled_06/12/2019

  •  
  •   
  •   Category:

コース料理の中には、薄味のスープも必要なのである!ということにしたい。

いつだって猫展、この間の日曜日で会期終了でしたが、事業部Aさんと電話でお話しして、まずまずの入場者だったと聞いて一安心であります。ポスターが少し余っているそうなので、デザインサンプルとして10部ほどもらうことにしました。今回のポスターは、特にUVカットの加工をしているわけでもないので、特色ピンクが日差しには弱かった(博物館に掲示していたポスターも、会期中3回も貼り替えたとのこと......わわわ)みたいで、なんだかすいません。。。

秋からの美術館の広報物は、とうとう印刷入稿なわけですが、特色とニスでどうなるかな。しっとりキレイ目になればいいけど。

untitled_06/11/2019

  •  
  •   
  •   Category:

滑り止め的な話は、あんまり刺さらないなあ。事実だとしても。

untitled_06/10/2019

  •  
  •   
  •   Category:

世の中には職場を愛している人間と職種を愛している人間とで分類されると思うけど、今日の夜に集まった皆さんは両方を愛していると言えますな。

さて僕はどっちだろうか。。。なんて。

キアヌの「You're Breathtaking!」のポーズが面白い。

201906010_-Keanu_Breathtaking.jpg

untitled_06/09/2019

  •  
  •   
  •   Category:

iTunesのプレイリストをAmazon Musicに移せないのかな...と思考錯誤したけど、ダメなんかな。残念。

自分ではわりと寛容な人間だと思っていたけど、とある件で結局のところ我を通してしまったわけですよ。まあいいよね。

untitled_06/08/2019

  •  
  •   
  •   Category:

大学の自室で昼食をとりながら、ツイッターで回ってきたちょっとした動画(これはその元動画)をみて思わず涙してしまったけど、そのまま午後のイベントに突入であります。面談しているうちに、さっき涙を流していたことをすっかり忘れてしまってました。そんなもんだよね。

夜になってなんか気になって、こっちの動画を見ると、なんだか展開が違うなあ。昼に見たのは、意図的に編集してあるのかな。テイザーガンの後に泣き絵を持ってくるのはずるいかも。

それとは別に、輝いている若者を見るとクラクラするな。活動内容を見ていると大人っぽいなと思って確認してみると、10代だったりするんだよね。まあ環境が太かったり、いろいろと状況は違うにせよ、可能性を信じていることイコール輝きなんだろうな。

それとはまた別に、実態はわからないけど、きちんと一枚岩に見えてるのって、組織として素敵ですな。目的とか在り方とかの共有ができてるんだろうな。

な。

untitled_06/07/2019

  •  
  •   
  •   Category:

きちんと没年で©︎管理されているのね...と改めて認識した本日であります。そりゃそうだ。

ただただ図面として存在する場合と、図面が素材としてレイアウトの中に存在する場合って、在り方が違うと思うんだよね。グラフィックデザインの中にある場合の図面に「単位」が表記されていないのは、どうしたって気持ち悪いですよ。

untitled_06/06/2019

  •  
  •   
  •   Category:

映像の実習は、最後に趣意書をまとめてもらって終了。

研究室に卒業生Kくんがいても、あんまり違和感ないですね。彼に限らず、たまに来て、なんか(作業とか)していくっていうのは、アリなんだと思います。

破戒僧(源の宮)を撃破。倒してしまうと名残惜しいな。。。

20190606_intent_paper.jpg

untitled_06/05/2019

  •  
  •   
  •   Category:

なんか大事なことが抜け落ちている感じもするけど、今の中で精一杯ってのが正直なところだよね。まあそれでいいでしょう。

採用の気持ちがある会社さんと、働きたい気持ちの学生とのマッチングが上手くいってないなあ。結果としてなんらかのバイアスがかかってしまったとしても、ちらっとでも相談してもらえれば、うまく行きそうなのに。。。

untitled_06/04/2019

  •  
  •   
  •   Category:

午後から、短い映像をつくる実習課題の作品上映会@smtスタジオシアターを開催。一抹の不安もありましたが、大きいスクリーンで流すとなかなかいいですな。ゲストスピーカーの二人からも、それぞれの作品についてよいコメントをいただいて、イベントとして有意義だったのではと思います。アップデートを重ねて、来年も継続したいと思います。

上映会の終了後、約半数の学生諸君と振り返り会と言う名の打ち上げ。この学年ではこういう集まりは初めてっぽいので、まずます有意義な打ち上げになったかな。仲が良くなると言うのはいいことだ。

20190604_smt_studio_theater.jpg

untitled_06/02/2019

  •  
  •   
  •   Category:

どうも気が乗らないので、BGVとして無音でアマプラを流していたのですけど、プリデスティネーション...やっぱりいいなあ。サラスヌークがサラスヌークに会うシーンが良すぎる。...というかBGVなのにしっかり観てしまった。あほか。

ちょうどいい一筆箋がほしいなあ。印刷会社関連に勤務している卒業生で、だれか作らないかしらん。もしくは紙関連の活動をしている卒業生とか。

untitled_06/01/2019

  •  
  •   
  •   Category:

新しい月になって、カレンダーを一枚めくってMayからJuneにする...そんな瞬間が好き。。。なあんてことは、まったくなくて、カレンダーをめくること自体がめんどくさいぞ。しょうがないから変えたけど。

カンプを送ってから修正し忘れに気づく...わわわ。

だんだんと西暦に統一されていくのかなと思ってたのに、全然そんなことないのね。

特捜部Q カルテ番号64を観る。謎解きというよりは、たんたんと事実を追ってい展開なので、いままでとはちょっと違う感じかな。カールとアサドの関係性をメインにしているような、そんな感じ。真犯人のミスリードが、映像としてあんまり機能していないので、かえって分かりにくいなあ。なんにしてもアサド萌え。

untitled_05/31/2019

  •  
  •   
  •   Category:

某A県への出張がキャンセルになって、心の余裕がでてきたぞ。

今日から県美のWさんにお願いしている美術史がスタート。時間が許せば全部聴講したいところだけど、今年度の前期は慌ただしくてそうもいかない感じ。残念だなあ。。

そのイントロで、「美術」ではなく「美術史」のなりたちや作品解釈の連なり→定説について簡単に話してもらったけど、ちょうど同時期に開講しているイラストレーション論で話していることと、ある意味真逆なのがタイミング的にとてもよいですな...と感じてみたり。こちらは言ってみれば商業美術なので、解釈そのものを絵にして販売しているわけで、その違いは大きい。しかし俯瞰に俯瞰を重ねてみると、実はどっちも同じだったりするのが不思議で楽しいわけなんですよ。

untitled_05/30/2019

  •  
  •   
  •   Category:

こういうレベルを提示してくるって言うことは、社内できちんとディレクションされていないんじゃないのかな。それって問題だと思うし、僕だったら付き合いを再考しちゃうべな。ていうくらいドイヒーな気がする。他山の石(何の?)としたい。

チバニアンって前から何かに似ていると思っていたけど、ガニメアンと似てますね。

この春に卒業したKくんが、ちょっとした相談で大学へ。いろいろうまくいけばいいですな。

使って数日のKEY2、確かに高性能だけど、単純な使いやすさだとclassicかな。トラックパッドと発話・終話キーがわかりやすかったんだよね。

untitled_05/28/2019

  •  
  •   
  •   Category:

液晶が割れてしまったBlackberry Classicに変わるニューウエポンとして、BlackBerry KEY2のシルバーをチョイスしてみましたよ。あたらしく出たLEとどっちにするか悩みましたが、やっぱり金属筐体(LEはポリカーボネートみたい)かな...と。公式ではシルバーが売り切れていたので、ヤフオクで調達(相手の方が素早く対応してくれたので、すぐ手元にとどきました。。。)であります。実物を手にしてみると、黒でもよかったかなと思わないでもないですが、そのうち慣れるかな。慣れるよね。

アンドロイドの使い方がよくわからないけど、これも慣れるよね。

20190528_BB_KEY2.jpg
Classicで撮った最後の写真...