untitled_04/06/2019

  •  
  •   
  •   Category:

ちょっと古い記事だけど、Wiredの職場の同僚は寿命に影響:20年間の調査で判明、いろいろ考えさせられますね。。

同僚の友好度と死亡率との間には相関関係が存在し、同僚の友好度を低く評価した被験者ほど高い死亡率を示すことが明らかになった。職場で「仲間からの社会的サポート」をほとんど、あるいはまったく受けなかった被験者は、サポートを受けていた被験者と比べて、調査期間中の死亡率が2.4倍にのぼり、特に、調査開始時の年齢が38~43歳だった人にその傾向が顕著にみられた。

やっぱり孤立無援ってのは、チビシーんだなあ。まあ職種にもよるんだろうけども。そんでこれ(一方、上司の友好度は死亡率にはほとんど影響がなかった。)もなんだか面白いですね。

後半の部分はコメントしづらいかも。

コメントする