untitled_07/01/2014

  •  
  •   
  •   Category:

授業中、課題の説明をしていたら、フラフラと一瞬めまいが。

人様と比べて、ではなくて個人的にキャパを超えたら休養をとらなくては......ですな。

それにしてもけっこう傷つきやすいな、と自分について再認識。けど、そういうナイーブさって大事だよね。きっと作品はそこから生まれる。わお。

untitled_07/02/2014

  •  
  •   
  •   Category:

きゃっちこーるど確定的な感じ。今日は一日大変だった。今度の週末は寝て過ごそう。

手続きの問題なのか、イデオロギーの問題なのか、はたまたロマンティックな「何か」なのか。結局は日本を取り巻く国々が力をつけてきてしまったということなんだろうな。どっちを選ぶにしても覚悟が必要ですよね。

そんなこんなで、わりと尾崎っこな僕はこの曲を貼りたい。

CORE / YUTAKA OZAKI,1987

untitled_07/03/2014

  •  
  •   
  •   Category:

メールの返事をもらわないと、なんだか不安になりますよね。

鹿野司さんのサイエンス解説、毎回わかりやすいけど、今回の「超低高度衛星」も面白い。分解能をあげる為に被写体に近寄るアイデア+高度を維持する為の技術がセットになって、なるほどなといった感じ。

アイアムアヒーローの15巻を読む。結局の所、ZQNが集団でどこかに向かっていたというのは、合体したかったから?という事なのかな。最終的に上手く落ちるのか不安。

体調は良くならず。ルルは効いているのですかね。

untitled_07/04/2014

  •  
  •   
  •   Category:

某国際基準の内部監査資格取得セミナーで2日間拘束されてしまうのが、どうも腑に落ちない。いくら8月とはいえ。

FBで、誰かが誰かに当てたメッセージ(「友達承認ありがとう」とか「誕生日おめでとう」とか)がTLに乗っかってくるのは仕様なんですかね。もしかして僕が送信したメッセージも他人のTLに乗っかっているのかな?

最高潮に具合が悪いので、夕方には帰宅。たぶんすごい熱があるような気がするけど、怖いので計測しない方向で。

untitled_07/05/2014

  •  
  •   
  •   Category:

完全にダウン。自宅で横になる一日。ただ、ずっと寝てると飽きますな。

夕方から少し良くなったので、ザ・レイドを観る。フラフラする頭を、インドネシアアクションでスッキリさせるぞと思ったけど、なかなかキビシーものが...。映画そのものは、素晴らしいアクションの連続で、ストーリーは(ほぼ)ないものの楽しめます。殺陣のやり取りにすごく気を使って制作しているのがわかるので、なんていうか応援したい感じ。ただ膝裏への攻撃(膝裏→片膝を突くからのバリエーション)が多いかな。ちょっと目につくかも。

ジャッジドレッドからの流れで観てみたわけですが、たしかにまんま一緒ですね。どっちも面白いけども。続編もあるようなので楽しみであります。

untitled_07/06/2014

  •  
  •   
  •   Category:

少しずつ快方へ。ルルアタックのおかげか、いつもの倍優しい奥さんのおかげか、はたまた。

キック・アス ジャスティス・フォーエバーを観る。いくらなんでも序盤からキックアスがマッチョすぎて、ちょっとなあ。どうみてもムリしてオタクに変装している感じだし、あそこまでガタイがいいと、スクールカーストでも上位に来るのでは...と思っちゃいましたけど。

原作があるのでどうしようもないのでしょうけど、素人ヒーローの夜回りが流行ったり、ヒットガールの学園ドラマをいれたり、レッドミストが刑務所に伯父に会いにいったり、たいして掘り下げないままのエピソードがちょこちょこあるので、映画としてはあんまり盛り上がらないかも。

最後のどつき合い全員集合は、それこそグロ出しまくりにしないと、ヒーローをする事の意味や怖さが出てこないと思ったのですけど、どうなんですかね。みんな無傷でジャスティスフォーエバーだもんな。

ヒットガールがキックアスの防弾チョッキの上からマグナムを撃つシーンは、すごくいいですよね。ダディを思い出します。

一番のなんだかな...は、何にも出来ないマーカス(ほんとに何の役にも立たない)と、贖罪のシーンをもらえなかったアス・キッカーだな。

untitled_07/07/2014

  •  
  •   
  •   Category:

実習の時間で、テンションというかモチベーションをキープする方法について話をしたのですけど、一番それが必要なのは僕なのかもしれない。

世の中には、わりと淡々と制作できる人と、テンションを上げることによって制作に立ち向かう人の2種類がいますよね。

僕はどっちかというと後者なので、そういうつもりで学生にも接してしまうけど、それも善し悪しなのかも。

untitled_07/08/2014

  •  
  •   
  •   Category:

orkutが終了...とのことで、久しぶりにアクセス。キャトルのコミュニティなんかをつくって、ほったらかしにしてました。この頃はまだMixiも盛り上がっていたなあ。ネット上の繋がりに、なんとなく夢を持てていた感じ。

untitled_07/09/2014

  •  
  •   
  •   Category:

朝、ほんの少し間だけどサンクと並走。今の時代だと、ちょっと異質でいい感じですね。

ちょうどいいタイミングで現れるのが、結果を出す営業さんなんだろうな。これってアプローチは違えど、全ての分野・職業に言えるのかも。

それにしても、なんだか進まないなあ。

untitled_07/10/2014

  •  
  •   
  •   Category:

なぜか泊まりで仕事。体調が悪かった7月前半を取り戻す...的な?

スタティックな気持ちでしかC4Dと関わってこなかったけど、どうもそれではダメなのかもしれない。だけどそれは、自分の良い部分をスポイルすることでもあるんよな...とも思うのです。まあ、さらっとできて当然といえば当然なのですけども。

untitled_07/11-12/2014

  •  
  •   
  •   Category:

昨日から泊まりのまま午前中の業務を終えた後、夕方から盛岡へ小旅行(「原田知世ツアー」→「ジョルジョ・デ・キリコ展」→「Cygセレクト展」)。奥さんにつきあって観に行く原田知世のライブに合わせて、ちょうど観たい展示がいろいろあったので、先月に続いて盛岡であります。

原田知世ライブが開催されたアイーナ、名前は微妙(失礼)ですけどとてもよい建物ですね。舟越桂や奈良美智の作品がさらっと展示されていたりして、いいなあと思いました。原田知世のライブも素敵でした。

盛岡の県美は、いつ行っても混雑していないのが、(観る方としては)素晴らしい。キリコの吟遊詩人を座って観たり、近寄ってみたり、ゆっくりと時間をかけて観れる...これまた素敵であります。そしてなんと、三沢厚彦展が開催されるとのこと、これまた観に行かなくては!!

Cygのセレクト展もとても刺激になりました。増子さんの作品(相変わらずかっちょいいですね)を観に行くのが目的だったのですけど、その他に根本裕子さんがよかったなあ。安西大樹さんもいい感じでした。

最近、GRでモノクロスクエアで撮るのがマイブームなので、掲載↓してみたり。

アイーナの外観
アイーナの外観

morioka_20140711_03.jpg
岩手県立美術館のとある吹き抜け

untitled_07/13/2014

  •  
  •   
  •   Category:

日曜日ですけど、夕方から大学で仕事の続き。表紙面をどうするかで頭を悩ます...。

untitled_07/14/2014

  •  
  •   
  •   Category:

わりと安価になってきているとアプローチを受けていたAR(拡張現実)について、デモをしてもらう。お試し価格でできますよん...との事なので、導入してみる予定。

システムとしてはARアプリのインスコでワンステップがあるので、そんなにアクセスは稼げないような気がするけど、なんかしらのフックになればよいなと思います。ちょっと楽しみ。

untitled_07/15/2014

  •  
  •   
  •   Category:

なんかここのところ忙しすぎで、気持ちに余裕がないな。来年は(例えば)TICを休会してもよいかもしれないと、本気で考えてしまう。

今日からゴッホの《ひまわり》展がスタートします。告知や展示に関するほとんどをデザイン担当していますので、もしよければご来場ください。

昨日の開会式的なセレモニーは授業の為に参加出来なくて、非常に残念無念。

ゴッホの《ひまわり》展

untitled_07/16/2014

  •  
  •   
  •   Category:

画面が割れたままになっていて、会う人会う人に突っ込まれていた702NKのケースを新調。これでまた当面は普通の見た目で使えそうです。どうせ電話しかしないし、バッテリーが完全にいかれるまでは使用する予定。

購入したのが2005年2月ということのようなので、もうすぐ10年選手ですな。言ってみればスマフォのはしりなワケですが、信じてもらえないのが寂しい感じ。

702nk_reborn_201407.jpg

untitled_07/17/2014

  •  
  •   
  •   Category:

就職関連のディスカッションをする授業で、僕やF先生がなんだか日々忙しそうで余裕がない雰囲気だから、グラフィックな業種は目指さない...と学生が話していたそうな。

忙しくても楽しそうに毎日を過ごさないと、そういう感じで見られてしまうのだな...と思った次第。わお。

関連して...だけど、スラドの記事で、「従業員をより長時間働かせるには、働く時間を自由に決めさせれば良い?」が興味深い。特に下記に引用した部分。これまたわお。

これは銀行員だけでなく、ソフトウェアエンジニアや弁護士などのほかの知的労働者にも当てはまるそうだ。ただ、このような労働を続けた銀行員は4年目くらいから心神が衰弱し、最終的に退職することになるという。なお、投資銀行で「持ちこたえられる期間」は平均7~9年だそうだ。

untitled_07/18/2014

  •  
  •   
  •   Category:

色校を確認していて、危うい、実に危ういミスに気づく。もちろんこちらの入稿ミスなんだけど、ヤレに繋がりかねない予想外のリカバーがされていて、ほんとに気づいてよかったなあ。表紙面だし、あのまま刷ってもらったら寝込んだかも。

SHERLOCK/シャーロック シーズン3 Vol.1を観る。ああ久しぶり。なんだか主役二人とも老けたな〜という第一印象。テロに気づくきっかけとなる電車オタクへのつなぎが、ちょっと無理矢理かな。正直な所、2回観ないとメインストーリー以外の展開が分かりづらい。それでもフワフワ(ヒョウヒョウか?)とした重厚ではないこのドラマの雰囲気は十分に面白いな。

カンバーバッチは、裏切りのサーカスとかスタートレックよりも、ホームズのコート姿のほうがマッチしていますね。

untitled_07/19/2014

  •  
  •   
  •   Category:

一歩も外に出ず、休養に充てる一日なのであります。

untitled_07/20/2014

  •  
  •   
  •   Category:

ダリオ・アルジェントのドラキュラを観る。せっかくだから、もう少し原作に近いストーリーだといいのにな。2012年作なのに、もうちょっと脚本を練れなかったのだろうか(なんていうか、ジョナサンがいきなり犠牲になってしまうし、脇役の設定や動き、ドラキュラの倒し方を含めて、なんだか雑な感じなんですよ......)。ちょっと残念。さらに言えばミナ役のマルタ・ガスティーニも脱ぐべきだと強く思いますです。CGが微妙なのは気にならないけど、いろいろ残念。

untitled_07/21/2014

  •  
  •   
  •   Category:

ネット上のちょっといい話に(コピペにすぎないとわかっていても)涙腺が緩むのと、例えば日本霊異記を読んでむむむ...と思うのと、いったい何が違うのだろうか。

読ませる短文としては、一緒だよね。

untitled_07/22/2014

  •  
  •   
  •   Category:

64円の配当金を受け取りにいくべきか悩む。ゆうちょで笑われはしないだろうか。

3年生の実習は今日の発表でひと区切り。個人的に強く感じたのは、グループワークがベストの解なのか...が、よくわからなくなってしまったこと。それに備品の減りが早いのも、なんだかなあ。なんか理由があるのかな。(もしかすると導入しているプリンタが、そういう性能なのかもしれない。)

untitled_07/23/2014

  •  
  •   
  •   Category:

奥さんの誕生日なので、なんとか早いうちに帰ろうと思ったけど、学生の梗概集をチェックしていたらなんだかんだで20時になってしまうという...。

夕方、建築学科F先生となんとなく雑談のような感じでいろいろとお話。大学の仕事と外部の仕事の関わり方なんかを教えもらって、学科ごとに状況は違えど、いろいろと参考になりますね。

そんなこんなで、AR用の動画を入稿出来なくて、すいません。

untitled_07/24/2014

  •  
  •   
  •   Category:

早起きして、昨日入稿出来なかったAR用の動画(まあただのスライドショーですが)の準備。

その後、研究室の3年生にキャンパス案内のコマ撮り動画(これまたAR用)を突貫で撮影してもらったり、週末のオープンキャンパスの準備をしたりなんだり、梗概集の再チェックをしたり、データを入稿したりで、一日フラフラな感じ。

結局のところ夜中過ぎまでかかってしまったのですけど、やっぱり僕の要領が悪いのだろうか?

そんな一日の中、夕方だいぶ遅くに、予定より1日早く学科のリーフレットが納品。18日に校了→入稿したので、あっという間に刷り上がるもんですね。連休が入っていたので、ちょっとヤバいなと思っていたのですけど、印刷屋さんには大感謝です。

untitled_07/25/2014

  •  
  •   
  •   Category:

OSをマーベリックにアップデートしてから、プロジェクターとの繋がりがよろしくないんですよね。自分のMacbookでいくら頑張っても上手くいかないので、Y先生の遺した古いMacbook(黒)で繋いだらサラっと繋がって事なきを得たり。よかった。

untitled_07/26/2014

  •  
  •   
  •   Category:

近頃の私立大学では、とてーも重要なイベントであるオープンキャンパスが無事に終了。近隣の住民の方にも気軽に来ていただけるようなイベントになればなあと、個人的には思っている次第です。学生の学びの成果や、教員の研究内容などを、いろんな人に知ってもらえるような、そんな感じの。

ある意味突貫作業で制作した学科リーフレットも、少しは役に立ったかな。あとで写真を撮ったら、ここにも掲載しようと思います。

cd_leaf_2014.jpg
(7/29写真追記...リーフレットの詳細はこちらをどうぞ)

untitled_07/27/2014

  •  
  •   
  •   Category:

なんだか疲れて作業がぜんぜん進まず。ちとズイマー。

untitled_07/28/2014

  •  
  •   
  •   Category:

4年生との約束時間を思いっきりボーンヘッド。いろんな事に気を配るってのは、難しい。

無理矢理にでも演出して発表させる事は、きっと重要に違いない。それが低学年であっても。

untitled_07/29/2014

  •  
  •   
  •   Category:

前期の正規日程が終了。よくわからないけど、えらい慌ただしかったような気がする。スタートからめんどくさいことが多すぎた。何回もここに書いているような気がするけど、もっと軽やかに生きたい。

スターウォーズを見たことないって言っても、ある意味当然なのかも。だってep3が2005年だもんねえ。

打ち上げに誘われないという新しい展開。なんていうか今っぽい感じ?

こどもっぽい手作り感に、だんだんとネガティブな印象を受けるようになってきている。だからこその今の気分なのかもしれない。

テレビがつまらなくなったのはマジメすぎるからだ...という言説、まあその通りなんだろうけど、そもそもテレビが(バラエティ的に)面白い必要があるのかな。マジメでいいじゃんか。

untitled_07/30/2014

  •  
  •   
  •   Category:

パネル貼りやなんやらをしに大学にNさんが来たので、彼女の作業を横目で見ながら、雑談などなど。

F先生と情報共有な感じで話し合い。いろいろ参考になりますな。

真夜中に☆展の出品作品がようやく完成。今回はサイドをシルバーで塗ってみました。宇宙っぽい感じ?みたいな。

untitled_07/31/2014

  •  
  •   
  •   Category:

とあるプロジェクトに参加してもらっている研究室の3年生、よくよく考えてみると8月はスケジュールがキツキツなのが判明。若さでなんとか乗り切ってほしいけど、僕としても上手にバックアップをしてあげたい。

お昼過ぎに、ものすごい(ほんとにものすごい)豪雨+雷+雹?雪?が...。天変地異クラスにすごい天気の移り変わりだったと思います。

夕方から一番町ロビーで☆展の搬入。今までにない縁日的な展示は、けっこう新鮮ですな。そんでも僕の絵がマッチしているかというと、そうでもないかも。ははは。

夜は、マミーさん+davi氏+O氏+Nさんで飲み会@文化横丁。節度ありありで飲むのって、すばらしいことですね。